貯金7000万円あるけど十分?7000万円を資産運用して2億円以上の金融資産を達成しよう!

先日、元々筆者が務めていた40歳の総合商社の先輩と久方ぶりにあいました。

その時に先輩が「俺は駐在を経験して貯金7000万円あるけどリタイアできるのかな?」と筆者に相談してきました。

流石、駐在を複数回経験した総合商社マンの所得は高いな、と辞めてしまったことを若干後悔しながら話を続けて聞きました。

 

彼は資産運用せずに貯蓄と節制を行い築きあげたとのことです。奥さんもいわゆるバリキャリで世帯年収が2000万円を優に超えているので7000万円を構築するのも可能なのです。

加えて小さい子供が二人いるのに家賃は比較的東京の中では家賃が安い田端に2LDKで17万円という堅実な生活をしているとのことで素晴らしいコスト管理力だと思いました。

 

本日は7000万円あればリタイアできるのか?という先輩の質問に対して考察を加えながら、7000万円を安全に投資していく方法についてお伝えしていきたいと思います。

7000万円でアーリーリタイアはできるのか?

7000万円という資産は確かに準富裕層と富裕層の間の資産です。

 

日本の純資産毎の世帯数

 

 

40台で金融資産7000万円というのは中々成し得ませんが正直いって7000万円でのアーリーリタイアは時期尚早です。

50台前半であれば早期リタイアで多めに退職一時金を貰い十分可能であると思います。しかし、今後子供の養育費や人によっては親の介護でお金が掛かる世代では難しい水準といえます。

 

7000万円を5%で運用したとしても350万円、うまく運用できたとしても700万円しか獲得することができません。

田舎に移住すれば何とか可能かもしれませんが、子供の教育には妥協したくないという考えもあったので尚更難しいといえるでしょう。

 

40歳時点で生活水準を落とすことなくリタイアを考えるなら、やはり2億円の資産は欲しいところですね。

→ 金融資産が1億円〜2億円あったらリタイアは可能?夢のアーリーリタイアの実現性について検証する。

 

7000万円を資産運用で育てながら、リタイアを目指していくのが賢明かと思います。年率5%と10%で運用すると以下の通り資産が成長していきます。

10%であれば4年後に1億円、11年後に2億円を達成することができます。追加投資を行えば更に早く達成することが可能となるでしょう。

 

7000万円を5%と10%で運用した場合の資産運用
5%運用 10%運用
1年後 7350 7700
2年後 7718 8470
3年後 8103 9317
4年後 8509 10249
5年後 8934 11274
6年後 9381 12401
7年後 9850 13641
8年後 10342 15005
9年後 10859 16506
10年後 11402 18156

 

7000万円を資産運用する際に考えること

では7000万円を運用する際にまず留意する点についてお伝えしていきたいと思います。

大金だからこそ大幅な下落は避けたい

7000万円という資産は何度もいいますが大金です。

例えば100万円を運用するのであれば、たとえ▲50%となってしまったとしても損失額は50万円ですみます。

一方、7000万円を運用している時に▲50%となってしまったら3500万円という取り返しのつかない損失を被ることになります。

 

投資の王様といえば株式投資です。しかし、通常の株式投資は定期的に大きな損失を被る事象が発生します。近年でも以下の通り、大幅な下落を招く下落に幾度も見舞われましたね。

2001年:ITバブル崩壊
2008年:リーマンショック
2015年:逆オイルショック、チャイナショック
2020年:コロナショック

いずれも、30%-60%の下落を招く大きなショックでした。7000万円を通常の株式投資を行なっていれば、泡を吹いて気絶していることでしょう。

債券投資は既に魅力がない

元本保証の代表的な投資先として債券があります。

しかし、既に債券への投資は魅力が殆どなくなっています。日本はご存知の通り0金利の状態が続いており、今後も0金利が継続していくことが想定されます。

 

先進国の雄である米国さえも、今回のコロナショックで大規模な金融緩和をおこなったことで10年債金利ですら0.5%の水準まで金利が落ち込んでいます。1980年代から一貫して金利は低下を続けているのです。

米10年債金利

また、利回りの高さだけを求めて新興国国債に安易に向かうのは非常に危険です。例えばトルコの債券は利回りが15%と一見すると非常に高くみえます。

 

新興国債券の利回り

 

しかし、重要なのは「トルコリラ建て」です。新興国の為替レートは大変動します。この10年で為替レートは4分の1まで大幅に下落しているのです。

 

トルコリラ円レート

何故、新興国通貨が円に対して減価しつづけるのか?という点については以下の記事でお伝えしていますので参考にしていただければと思います。

→ 【元為替トレーダー目線】まとまったお金をFXで運用するのは危険!?1000万円あったらできる安全な投資先とは??

 

結局は株式投資が最良の選択肢

仮想通貨やFXは株式よりもリスクがありますし、なんといってもただの投機です。

投資という限りは全体としてのパイが広がり続ける必要があります。その意味でやはり王道は株式投資なのです。

しかし、先ほどもお伝えした通り普通の株式投資を行なってもリスクに震える結果となります。そこで、おすすめなのがバリュー株投資という選択肢です。

 

本格的なバリュー株投資で安全なリターンを狙う

バリュー株投資ときくと、低PER、低PBRのような指標に則した投資を思い浮かべるかと思います。しかし、本格的なバリュー株投資はバランスシートを精査した上で投資を行います。

 

筆者が推奨したい投資手法はバリュー株を生み出した、ベンジャミン・グレアム氏が開発したネットネット株に投資をするという手法です。

 

→ 【ネットネット株とは?】ベンジャミン・グレアムが編み出した本格的なバリュー株投資手法をわかりやすく解説する!

 

詳しくは上記で解説していますが、簡単におさらいします。

現金や売上債券、有価証券といった、すぐに現金化できる資産から、総負債を差し引いた保守的純資産が時価総額を上回った銘柄に投資する手法です。

 

グレアムの改良版のバリュー株投資

 

わかりやすく噛み砕いていうと、1万円が入っている財布を7000円で購入できるのであれば購入するという投資手法です。

既に1万円入っているので、7000円より下がることは理論的に考えにくいですよね。そして実際にこの条件を満たす銘柄は殆ど下落することがありません。

明らかに割安なので、株価が本質的な価値に戻る過程で利益獲得を安全に狙うことができるのです。

 

バリュー株投資の欠点と克服する魅力的な投資手法

先ほどお伝えした本格的なバリュー株投資は、バランスシートを精査しないといけないので非常に時間がかかります。

そもそも、ネットネット株は市場から注目されていない超小型株に存在しています。全く名前も知らないような銘柄から自力で見つけるのは非常に難しいのです。

 

更に、当然注目されていない銘柄が異常なレベルの割安価格で取引されているので、注目が当たらない限りは低迷を続ける可能性があるのです。

 

割安な小型株の株価の値動き

 

つまり、割安であり株価下落の可能性も低いものの、ずっと割安に放置される可能性があるということです。

 

  • 見つけにくい
  • 割安で放置されがち

 

という欠点を克服するためにはネットネット株投資を専門に行っているファンドに投資することです。まず、自分の手を煩わせることなく銘柄を厳選してくれますし、二つ目の欠点も克服してくれます。

先ほども申し上げた通り、超小型株なので資金力のあるファンドが購入すれば大株主になることができます。

大株主となればプレスリリースされますし、経営に対して口を出すことができるようになります。経営改善提案や自社株買などを実現させ、市場の注目を能動的に集めることができます。

筆者が投資しているBMキャピタルは、まさに上記の戦略で投資を行って一度も下落をせずに安定して10%近い運用利回りをだしてくれています。

以下で詳しくお伝えしていますので参考にしていただければと思います。

 

コロナでも無傷と評判の和製ヘッジファンド「BMキャピタル(CAPITAL)」ってどんなヘッジファンドなのか?形態や運用手法・成績を踏まえて詳しく解説する!

おすすめ投資先ファンド -BEST 3-

2021年から投資先としておすすめできるファンドを収益性・安定性・将来性の観点から、ランキング形式で紹介しています!

参考にして頂ければと思います!

投資先ランキング

2021年最新ファンドランキング

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

NO IMAGE

【2021年初心者必見】1000万円を資産運用する際におすすめの投資先を利回り毎...

NO IMAGE

6億円で利息生活するために必要な考え方と投資先についてわかりやすく解説する!

NO IMAGE

国債への投資は儲かるの?「日本」「米国」「新興国」の国債を取り上げてリスクと共に...

NO IMAGE

大口定期預金にメリットはある?各種銀行優遇金利を比較しながら1000万円をどこに...

NO IMAGE

【ハイリスクハイリターン投資とは?】投資におけるリスクを理解してローリスクミドル...

イェール大のポートフォリオ

資産分散の必要性をわかりやすく解説!本物のエンダウメンと流分散投資ポートフォリオ...