CATEGORY:BMキャピタル

「BMキャピタル」は怪しい・・・?長年の安定実績が評判の老舗ヘッジファンドについて長期投資家目線で徹底解説!

BMキャピタル」は長年、私のポートフォリオを支え続けている、信頼を置いているヘッジファンドです。

2015年から投資を行い既に6年目に突入していますが、資産を減らすことなく安定的に増加させてくれています。

 

BMキャピタル

 

 

私は個人的な縁もありBMキャピタルに投資することになりました。当時、東京大学に通っている時に3つ上の先輩がファンドマネージャーをしていたことが契機となりました。

東大の株式投資サークルでも腕利きとして知られる実績を持っており、彼が運用するのであれば間違いないであろうと考えて投資をすることにしました。

 

本日は、一投資家という立場からBMキャピタルについてわかりやすくお伝えしていきたいと思います。

 

【2021年・安定ハイリターン】暴落にも強い安全な日本のおすすめヘッジファンドをランキング形式で紹介!
ヘッジファンドは成果報酬型・高リターンを目指すプライベートファンドであり、日本でも注目を集めています。 「絶対収益追求型(運用結果でファン...

 

BMキャピタルはどんなファンド?社長(代表)は森山氏

会社名 ビーエムキャピタル合同会社
(BM CAPITAL LLC)
会社住所 東京都港区六本木7-18-1
代表 森山武利(もりやまたけとし)
運用者 運用手法流出の観点から非公開(面談時に確認可能)
運用資産高 約30億円
設立年度 2013年
年平均利回り 10%以上
投資形態 合同会社社員権出資
手数料 成功報酬:運用益の30%~50%程
管理報酬:運用額の年間で5%前後
最低出資額 基本は1000万円~。少額からの段階投資も相談可

 

 

一言でファンドといっても、日本には様々なファンドが存在します。

BMキャピタルとはどのような局面でも収益を追求する絶対収益型の投資ファンドです。

「どのような局面でも」というのは、例えばリーマンショックやコロナショックのような相場暴落局面でもということです。

 

通常の投資信託などでは株式を購入しているだけなので、株価暴落局面では大きく資産価格が下落します。どのような局面にも対応できるわけではないのです。

→ 投資信託は儲かるって本当!?大損しないための投信の選び方を含めてわかりやすく解説する!

 

しかし、BMキャピタルでは株価暴落局面でも影響が大きくない、真に価値のある株式銘柄(後述するバリュー株)に投資しており、資産の安定性を保ちつつアップサイドを狙っていく投資を実行しています。

 

ファンドマネージャーの株式銘柄の目利きは学生時代から確かなものでした。

ファンドを立ち上げる前の個人での運用で、リーマンショック時でもプラスのリターンを叩き出していました。

更に、BMキャピタルを設立した後も筆者が投資する以前から8年間にわたって投資成績がマイナスになった年はありません。

 

総じてBMキャピタルは安全に資産を増やすことできる投資先であると実際に6年間投資をしている投資家としても評価しています。

→ 【一投資家目線!】BMキャピタルってどんなヘッジファンドなのか?形態や運用手法・成績を踏まえて詳しく解説する!

 

代表は森山氏が務めており、金融業界30年以上の経験がある方です。面談を申し込むと森山氏と話す機会があるかもしれません。物腰柔らかい方で、ざっくばらんに質問をしてみると良いでしょう。

BMキャピタルのファンドマネージャーはどんな人?

最初にお伝えした通り、元々ファンドマネージャーの後輩だったという縁があり投資をしました。

彼は東京大学の理系で数理処理も得意で、尚且つ学生時代から起業して成功も収めておりビジネスセンスも当初から備えていました。

 

つまり、投資家としてだけでなく経営者としても投資対象を選定することにも秀でているのです。また、大量に株式を購入することで経営陣に対しても積極的に経営改善提案をおこなっています。

経営改善により収益が改善することで株価が上昇し結果的に大きなリターンを見込むことができるからです。

 

また、BMキャピタルが得意とする手法はバリュー株投資です。バリュー株投資は単に低PERやPBRの銘柄に投資をするというものではありません。

世界一の投資家、ウォーレン・バフェットの師であるグレアム氏が開発し、有効性が確認されている100年以上の実績がある手法を用いて銘柄を選定しているのです。

 

思い返せば大学時代から分厚い投資の本を読み漁り研究している姿を見ていたので研究の成果としてたどり着いた王道ともいえる手法で運用しているということができるでしょう。

 

大学卒業後は英国投資銀行のバークレイズで勤務したあとにBMキャピタルを立ち上げており、経歴は申し分ない方といえるでしょう。バークレイズとは、海外有名大、東京大学などトップエリートしか就職ができない超難関企業です。

 

その他にも東大・京大卒の外資系金融機関出身者やコンサル出身、総合商社出身者で構成されており、生粋のエリート集団で運営されているということができます。ファンドの担当者と面談をすれば、如何にしっかりとした運営をしているかが実感できるでしょう。

 

BMキャピタルの運用成績(実績)

BMキャピタルの運用成績についてですが、まずは以下が筆者が投資してからの日経平均の動きです。

残念ながら日経平均は2015年から上下動するだけで5年間で10%しか増加していません。

 

日経平均株価とBMキャピタルの推移の比較

 

しかし、BMキャピタルは幾度もの暴落で資産を減らすこともなく、筆者が投資を始めてから資産を50%以上上昇させてくれています。

今回のコロナショックにおいても、米国株が40%暴落、日経平均が30%暴落する中でもBMキャピタルは全く下落せずに横ばいという成績を残しました。

 

正直、大きく資産額が下がるだろうなと不安だったのですが、全く下落していなかったことに驚嘆しました。バリュー株投資の強みですね。

 

その他にも2015年末からのチャイナショックの下落や、2018年末の下落にもビクともせずに今まで安定して資産を増やしてきてくれています。今後も安定資産構築の柱として大きな期待を寄せています。

 

今まで半年ベースで一度も下落したことがないのです。長期的な安定運用を目指すのであれば最適なファンドといえます。

 

BMキャピタルが得意とするバリュー株投資とは?

では、実際にBMキャピタルがどのような手法で安全安定運用を成し遂げているのかという点について紐解いていきたいと思います。

 

BMキャピタルのバリュー株投資とは?

巷でバリュー株投資というと低PERや低PBRの銘柄に投資をするという投資法を思い浮かべるかと思います。しかし、BMキャピタルが実施するバリュー株投資はもっと本質的なものです。

BMキャピタルが実践するのはグレアム流のバリュー株投資です。ベンジャミングレアム(左)は投資の神様といわれるバフェット(右)の師匠として知られています。

 

グレアム

 

著書である「証券分析」や「賢明なる投資家」は半世紀以上投資家のバイブルとして重用されています。そんな彼が開発した手法がバリュー株投資です。

 

企業の利益が上昇すれば株価が上昇しますが、上昇する利益を見つけ出すのは不確実性が高いという前提にたって分析を行います。つまり、将来利益を予想するのは困難ということですね。

しかし、現在企業が発表している財務諸表については確かに企業が保有しているものとして信頼感があります。

グレアムは財務諸表の特にバランスシートを詳細に分析することで安全性の高い銘柄を探し出す手法を編み出しました。

 

→ 【ネットネット株とは?】ベンジャミン・グレアムが編み出した本格的なバリュー株投資手法をわかりやすく解説する!

 

グレアム流のバリュー株投資とは?

企業のバランスシートは資産と負債と純資産(=資産-負債)に分けられます。資産を分けると現金性資産と事業性資産に分けられます。

 

現金性資産とは現金だけでなく、有価証券や、売掛金などの換金性が高い資産のことです。事業性資産とは機械設備、建物、無形固定資産といった事業に必要な資産で現金化がすぐ難しいものです。

現金性資産から負債を差し引いたものを保守的純資産とします。保守的純資産というのは現金性資産から全ての負債を払った後に残る純粋な現金の意味です。

 

現金性資産から負債を差し引いたものを保守的純資産

 

 

BMキャピタルでは保守的純資産が時価総額を超える銘柄に投資を行います。わかりやすく図解すると以下のようになります。

 

保守的純資産が時価総額を超える銘柄に投資

 

 

このような銘柄は例えるなら2万円の現金が入っている財布が1万円で販売されているものということになります。既に現金が2万円入っているので理論的に損をすることはありませんね。

 

BMキャピタルは今企業が清算した場合にただちに利益が発生するような銘柄に厳選して投資を行なっているのです。

具体的な投資手法については事例を交えて以下の記事でお伝えしています。

→ コロナショックを無傷の理由とは?BMキャピタルの堅実な利回りを継続する運用手法を事例を通じて紐解く!

 

上記のようにバリュー株投資の理論さえわかれば誰にでも運用できそうに見えますが、実際にはバランスシートを分析し、バリュー株をスクリーニングした上で、実際のビジネスモデルや今後の企業の発展性、市場シェアがどれくらい取れるのかといったファンダメンタルな部分もしっかり考慮に入れた上でファンドマネジャーは投資を実行しています。

この「目利き」が突出しているのです。私自身がバリュー株分析をして投資をしても同じ結果にならないというのが肝です。ファンドマネジャーがファンドマネジャーたるのは、独自の銘柄選定センスを保持しているからにほかならないのです。

 

アクティビストとしてバリュー株投資を更に魅力的なものにしている

上記のバリュー株投資は先ほどお伝えした通り理論的には下落する可能性が低い投資法ですが一つだけ問題があります。

それは、万年割安株として放置されてしまうリスクです。そもそも保守的純資産が時価総額を上回るような銘柄は大企業では存在しません。

 

時価総額が低い小型銘柄に存在しています。市場から注目されていない結果として、株価がありえないレベルで割安に放置されてしまっているのです。このような企業はずっと株価が低迷する可能性があります。

 

割安な小型株の株価の値動き

 

しかし、BMキャピタルはこの欠点も克服してくれます。BMキャピタルは大量に株を保有して経営陣に対して経営改善提案や自社株買などを提言して株式価値を上昇させる動きをします。(これをアクティビストといいます)

 

結果として、適正な価値まで株価を引き上げる施策を実施させ、市場からの注目を集めて株価が急上昇した時に売却して利益を積み上げることができるのです。

 

バリュー株で大きなリターンを集める手法

 

実際にBMキャピタルから毎四半期送られてくるレポートではトレードの報告もなされているのですが、上図のような動きをしたところで確りと利益を確定しています。

 

ちなみにこのBMキャピタルのレポートは示唆に富むものが多く、このレポートを四半期ごとに読むたびに、プロのファンドマネジャーはこのような視点で投資をしているのか、と非常に勉強になります。面談でもどのような資料が投資家に届くのかはぜひ確認しておきましょう。

最近はコロナの影響もあってオンライン面談も実施しているそうです。地方の方や外出を控えている方でも安心ですね!

 

 

マルチストラテジーファンドとしての側面もある

バリュー株投資が運用開始以来、主軸の戦略であることは間違いありません。

しかし、投資以来四半期報告書を熟読してきた筆者からすると必ずしもバリュー株ファンドだけではない別の戦略も組み合わせています。

機動的なポジション調整

BMキャピタルは通常時は基本的に株式投資比率を80%以上に設定し、残りを現金としています。

しかし、今回のコロナショックのように危機的な状況が発生するとファンドマネージャーが判断した場合はポジションを調整します。

 

今回、コロナショックを事前に読んでいたファンドマネージャーが2月に入り含み益を抱えているポジションを利確し、更に日経平均先物の空売りを行いました。

日経平均先物の空売りは株価が下落すれば利益を得られる手法です。結果的にコロナショックで持ち株が下がった分を、空売りででた利益で補填することができました。

 

安全域の高いバリュー株に厳選投資しているのに加えて、絶妙なポジション調整を行なった結果、日経平均が30%下落したコロナショックをほぼ無傷で乗り切ることができたのです。

 

株式以外の投資対象も組み入れる場合もある

基本的にBMキャピタルが投資を行うのは株式です。しかし、ファンドマネージャーが魅力的であると判断した株以外の資産に一時的に投資をすることもあります。

 

例えば、コロナショックをうけBMキャピタルが購入したのは金です。コロナショックをうけ米国をはじめ大規模な金融緩和を行い世界的に通貨の供給量が増加しました。

通貨の量が増えるというころは相対的に金の価値が上昇することを意味します。金の価値は不変ですからね。

 

更に、金融緩和で金利が低下したのも金にとってはプラスでした。金は金利を産みません。そのため、米国債の金利が下落すれば相対的に金の価値が上昇するのです。

以下は米国10年債と金の価格の推移ですが、綺麗に逆相関していますね。

 

 

 

この動きを読んでBMキャピタルは4月-6月に金に全体の30%程度を投資して、既に10%以上の値上がり益を享受しています。

一流のプロの目線で資産分散を行いながら、安定したリターンを狙うことが出来るのです。投資信託では元々投資対象を限定しているので、このような機動的な動きはできません。

 

 

5年間投資をしてきた投資家としての感想と口コミ

最初にお伝えした通り筆者は5年間BMキャピタルに投資をしている長期投資家です。ここでは私の感想と他の投資家の口コミをお伝えしていきたいと思います。

BMキャピタルへ投資してきた感想

やはりなんといっても安心感です。

市場暴落局面でもしっかりと資産を守ってくれましたし、年率10%程度のリターンを叩き出し続けてくれました。

また、運用中も担当の営業員の方も真摯に質問にも答えてくれており信頼感がありました。今、日本で投資できるヘッジファンドとして間違いなくNo.1のヘッジファンドといえると思います。

他の投資家の口コミとは?

他の投資家の口コミとしては以下のようなものがあります。

 

  • ファンドマネージャーの投資理論に感銘を受けた
  • 金融会社にいいイメージはなかったが、この人ならOK!さすが東大ですよね
  • 代表の知識の深さに感銘をうけた
  • 何を質問しても的確な回答がかえってくる

 

私同様に誠実な営業員と、ファンドマネージャーの腕に対してポジティブな印象を持っている方が多そうな感じでした。

 

怪しいという口コミもみますが、出資者ではない人の憶測?のようなものばかり散見されます。私募ファンドの宿命のような気もしますね(笑)

 

ファンドの構成員も投資をしているとのこと

何よりも私が信頼しているのは実際にファンドの構成員もファンドに投資しているということです。

ちまたに蔓延る質の悪い投資信託の運営会社や販売会社は、その投資信託に自分の大切な資金を投資していません。彼らは運用のプロではなく、販売のプロであることを認識しておきましょう。

 

BMキャピタルは営業員も含めてファンドに投資をしており、投資家たちと同じ舟に乗っているのです。自分たちの資金も投じているからこそ、ファンドの構成員も自信を持っており、信頼に値するということもできるでしょう。

 

BMキャピタルに投資する方法とは?投資後の解約方法は?

BMキャピタルは投資信託ではないので銀行や証券会社などでは販売されていません。

ひふみ投信やかまくら投信のように直接問い合わせて投資をする必要があるのです。

通常であれば、筆者のように個人的なつながりがないと投資することができませんが、以下のHPから問い合わせることで実際に営業員とあって詳しい説明を受けることができます。

 

BMキャピタル

▷▷ 問い合わせフォーム

 

質の高いアクティビスト型バリュー株ファンドで安定的に資産を増やしていきたいと言う方には非常におすすめのファンドです。

私を含め、他人から聞いた又聞きだけではわからないこともあると思います。実際にファンドの方から話を聞いてご自身の目で確認して検討してみましょう。

 

また、資産が最低出資額の1000万円に達せず問い合わせを行うことを躊躇っているという方は以下の記事も参考にしていただければと思います。

→ BMキャピタルに出資をする方法とは?最低出資額の1000万円は必ずしも必要条件なのかという点についても解説。

→ BMキャピタルの最低出資額に届いてなくても問い合わせして大丈夫?読者からの質問に回答する形でお伝え。

 

投資後の解約は、担当者に連絡を入れれば四半期末のタイミングで返金されます。投資家の方々の急な他の資金需要にも柔軟に対応してくれるでしょう。

 

まとめ

BMキャピタルについて私が把握していることを述べてきましたが、そのほかにわからないことがあれば担当者に聞くのが一番早いでしょう。

ファンドの運用方針を理解し、納得いくようであれば投資をすればよく、納得いかないのであれば他の運用先を探すという形で、進めていけば良いでしょう。

 

 

関連:コロナでも無傷と評判の和製ヘッジファンド「BMキャピタル(CAPITAL)」ってどんなヘッジファンドなのか?形態や運用手法・成績を踏まえて詳しく解説する!

 

おすすめ投資先ファンド -BEST 3-

2021年から投資先としておすすめできるファンドを収益性・安定性・将来性の観点から、ランキング形式で紹介しています!

参考にして頂ければと思います!

投資先ランキング

2021年最新ファンドランキング